写真から3Dを作る Autodesk Remake が凄かった

写真から非常に高精度に3Dデータが作成可能なソフト。AutodeskRemakeが公開されました。しかも無料!

3Dプリンターに限らず、最近流行りのVR機器でもリアルな3Dデータは必須。

その高精度3Dデータを写真から簡単に作成する、素敵なソフトが公開されました!

 

Autodesk Remake 


Scanners and cameras are ubiquitous and they let us digitize the world around us.情報源: Autodesk ReMake

 

余計な前置きを抜きにして、分かり易く言えば

「物体の周囲360度ぐるっと多数撮影して、写真をつなぎ合わせて3Dデータを作る」

と言う事です。

 


 

1:早速コスプレ衣装を3Dにしてみましょう

 

手元にあったコスプレ衣装を廃ビルの屋上で360度多方向から撮影をしてみました。

(※ツッコミ所が多い事は百も承知です。管理人の趣味です)

非常に怪しい

 

今回撮影に使用した写真は約40枚です。デジタル一眼レフで撮影しました

 

使用した写真は約40枚

 

ソフトに取り込んだ直後はこんな感じ。後ろのビルまで3Dに取り込まれてます。凄い

 

Remakeに取り込んで3D化

 

トリミングして、領域を必要分だけにします。

 

トリミング

 


 

2:完成したデータを共有してみる

 

思いの他簡単にデータが完成してしまいました。
これでコスプレ衣装は完全に3Dになりました。(回り込んで見れます)

1:Remakeのギャラリーにupしてみる


 

2:Youtubeに動画をupしてみる

周回撮影の動画をエクスポートできるのでそちらもup

 

この手軽さは恐ろしいです
特に動画は出力の際4k画質まで対応しています

 


 

3:Autodesk Remakeの使いどころはどこか?

実際にやってみると分かりますがAutodesk Remakeは写真から非常に簡単に高精度の3Dデータが作成可能です。

ソフトの使い道でパッと思いつく使用箇所は2つです

  1. 静物、商品の360度デジタルデータの作成
  2. ゲームやVRコンテンツ用に「現実世界」の取り込み用

作成された3DデータはUnity用FBXデータ形式でも出力可能です

これを活かせばさらに現実とデジタルの境界が減っていくかもしれません!

楽しみです!

 

 

About MakerBotLife 5 Articles
MakerBot Life はMakerBot社の3Dプリンターが好きすぎる管理人が運営する情報サイトです。初心者からヘビーユーザーまで貴方のモノづくりライフを楽しくする偏った情報を提供します。